くせ毛のシャンプー選び

 シャンプーの本来の目的は頭皮の汚れや髪についた埃を落とし去ることです。

 特にワックスやスプレーといった最近の強いスタイリング剤は、毎日のシャンプーできちんと落とさなければ、頭皮のトラブルや髪のゴワつきにつながりかねません。

  ですが、くせ毛に対してあまりに強い洗浄力のシャンプーを使っていては、ただでさえ少ない水分量を奪い、髪内部のたんぱく質を流失させてしまう可能性があります。では、くせ毛のためにはいったいどうのようなシャンプーが理想的なのでしょう。

洗浄成分がアミノ酸系・天然由来系

 まずはシャンプーの洗浄成分に注目してください。石油から作られた硫酸系の洗浄剤を使用したシャンプーは洗浄力が強すぎて、痛みやすく乾燥しがちなくせ毛には向いていません。

 硫酸系とは成分名としてラウレス硫酸Naなど「硫酸」という文字が入るものをいい、安価なシャンプーを中心に最も広く使用されています。

  これに対してアミノ酸系や天然由来系の洗浄剤を使用しているシャンプーなら、穏やかな洗浄力で髪に優しい仕上がりとなります。

 特にケラチンやコラーゲンなどタンパク質を主成分とするシャンプーは、髪と同じ成分であることから、シャンプーしながらダメージ補修効果が期待できます。

 くせ毛改善効果をうたったシャンプーには、このダメージ補修効果によって生えている髪のくせを軽減し扱いやすい状態に導くものが多くあります。

シリコン無配合であること

 シャンプーで洗った髪がツルツルと手触りが良いことは、気持ちのいいものです。キシまない・絡まないことも髪を守るためには大切なことです。

 ですが、安価なシャンプーの中にはシリコンで髪の表面をコーティングすることにより、ツルツルの手触りを実現しているものもあるのです。

 シリコンの具体的な成分名としてはジメチコン、シクロメチコン、シリカ・・・などが挙げられます。これらシリコンによって髪表面が覆われていては、シャンプーの後で使用するトリートメントの栄養が髪内部に充分に入っていきません。

  シリコン無配合のシャンプーを初めて使うと、シャンプー後の髪のキシみ方に驚き、不安になる人も多いようです。

 ですが、シャンプーによって表面の不純物を取り去った素髪は、本来ある程度はキシむものなのです。まず落としきることが大事だという点では、シャンプーもメイククレンジングと同じではないでしょうか。

 最近では天然成分によってキシみを軽減するタイプのものも増え、ずいぶんと使いやすくなってきています。

まとめ

 いずれもシャンプーとしては高価なものが多く、不純物を含まないサラッとした使用感は物足りないかもしれません。ですが痛みやすく乾燥しがちなくせ毛にこそ、手触りや香りでごまかさない、本当に髪に良いシャンプーを選ぶべきではないかと考えます。

[スポンサードリンク]